ゴシックロリータについて

ゴシックロリータは、何がきっかけだったのかな。
ちょっと興味がわいて、ゴシックロリータの歴史みたいなものを探してみました。

1990年代以降、バンドMALICE MIZERを愛好するファンを中心に広まっていったと言われ、
一般にも知られるようになったとのことです。

主な担い手は10代から20代の若い女性が大半。

ゴシックアンドロリータというのは、
ストリート系雑誌KERAの別冊、ゴシック&ロリータバイブルで使用されたものが大規模にメディアで露出したみたいで、
1996年には東京都内でゴシック・アンド・ロリータ展示即売会が実施されています。


ゴシック&ロリータバイブルのようなゴスロリの専門誌で、
情報を入手できるんですね。

有料だけど、ゴシック&ロリータバイブルの携帯サイト「Gothic&Lolita Bible」もあるみたい。

ゴシックロリータの写真や画像、イラストで楽しむ方も多くいるみたいで、
ゴシックロリータ愛好家は幅が広いですね。

ゴシックロリータのブランドも数多くあるようですが、
ゴシックロリータにとって重要部分ともいえる所が、服を手作りすること。

って、すごい!!
裁縫が苦手な私には、少し考えられない所ですが。

ゴシック&ロリータバイブルにも、ゴシックロリータを手作りする為の型紙が、
付録として必ず付いているみたいです。

ネットで手に入れていたアイテムも、ゴシックロリータの手作り専門雑誌で紹介されていて、
洋服だけでなく、和服・浴衣、ウエディングドレスまでも自分で作る人が増えてきたんだそうで、
ネットショップやオークションで販売する人もいるくらい。

ゴシックロリータは、ネットショップで数多く販売されていますが、殆どが手作りのもの。
それに、値段も結構高いという所からなんだろうなぁー。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。