ゴシックロリータと着物

和服の要素を取り入れたゴシックロリータ衣装、または、本格的な和服にゴシックロリータの要素を加えた「和ゴリ」があります。

ゴシックロリータと着物がコラボしたといっていいと思いますが、
正しく、「ゴシック ロリータ 和」です。

和服の帯は、作り帯が主流で、
ゴシックロリータでは、和服といっても、「着物ドレス」といわれることが多いようです。
下の部分がミニまたは袴風のロングドレスになっていますが、
最近では、純和服スタイルの衣装も出てきたとか。

和風ゴシックロリータ調の小物も多く出ていて、
服だけではなく、草履、巾着、足袋、風呂敷などと組み合わせることもできます。

続きを読む

ゴシックロリータのファッションは通販?

ゴスロリファッションは、
やっぱり、ネットで探してみるのが1番の近道かと思った。

うーん、結構ありますね。
ゴシックロリータの服はメジャーブランドの商品で、
店舗や通販で購入することが出来て、一般的に利用されているみたいです。

でも、案外お値段が張ります。高かいんですね。

ゴシックロリータの服といえば、リボンやレース・フリルをふんだんにあしらったふわふわ感が特徴になります。

普通でも、レースが豊富な服は高めなお値段の方なので、
ゴシックロリータの服が高いのは納得するところかな。


商品自体も、よく見ると、
ゴシック ロリータの服が衣装セットになったものや、
ワンピースにスカートに靴、ドレスや和風な着物や浴衣に中華風のチャイナまであるんだ。

続きを読む

ゴシックロリータブランド

ゴシックロリータのブランドとして、
ジェーンマープル(JaneMarple)が代表的のようですが、
ジェーンマープルは結構情報が少ない!!

ただし、商品の値段としては、特別高いという印象もなく
かといって、特別安いというわけではない庶民的はお値段のようです。
(私が調べた限りでは・・・)

ジェーンマープルは、
年令や日常という物を全て振り切った所にのみ存在する永遠の少女の為の服をコンセプトにしています。

ゴシックロリータの概念と共感しているのでしょうか。

ゴシックロリータファッションの要素を中心とした商品がジェーンマープルには揃っているので、
ゴシックロリータのブランドとして人気があるんでしょうね。


続きを読む

ゴシックロリータについて

ゴシックロリータは、何がきっかけだったのかな。
ちょっと興味がわいて、ゴシックロリータの歴史みたいなものを探してみました。

1990年代以降、バンドMALICE MIZERを愛好するファンを中心に広まっていったと言われ、
一般にも知られるようになったとのことです。

主な担い手は10代から20代の若い女性が大半。

ゴシックアンドロリータというのは、
ストリート系雑誌KERAの別冊、ゴシック&ロリータバイブルで使用されたものが大規模にメディアで露出したみたいで、
1996年には東京都内でゴシック・アンド・ロリータ展示即売会が実施されています。


ゴシック&ロリータバイブルのようなゴスロリの専門誌で、
情報を入手できるんですね。

続きを読む

ゴシックロリータ

ゴシックロリータって、
正式にいうと、ゴシック・アンド・ロリータ (Gothic & Lolita)でいいのかな?

ゴシックロリータではなく、ゴシックロリィタっていってるのもよく見かける。
略称はゴスロリでいいみたいだけど・・・・

私がそもそもゴシックロリータの言葉をよく耳にするようになったのは、
深田恭子のゴスロリファッションを見た時くらいからだったと思う。

ゴスロリファッションは、「自分を主張する」っていうイメージがちょっとあるなぁー。
案外、イケてる!って思うよ。


ファッション雑誌はあまり持っていない方なんだけど、
たまたま、持っていた雑誌に、ゴスロリの事が載っていたのを思い出して探してみた。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。